大豆イソフラボンは更年期に起こりやすい薄毛対策に!

髪の栄養

加齢による女性ホルモンのエストロゲンの減少が薄毛に影響

女性の薄毛を引き起こす原因はいろいろありますが、最大の原因と言われているのが「加齢」です。

生活習慣や健康に特に問題がなく、食事生活もごく普通に送ってきた女性であっても薄毛に悩むようになることはとてもよくあることです。私自身も、喫煙や飲酒とは無関係に生きてきましたし、食事についても結構健康オタク的に食べてきました。 その原因が加齢だということなのですから、抵抗のしようがないのかと思ってしまいます。

加齢は誰にでも平等にやってくるものですからね。 女性の場合、更年期の前後に薄毛に悩むようになる人が多いようです。中でも閉経後には髪の毛が細くなって、休止期に入る毛根の割合が増えて髪全体の密度が減ってきてしまいます。 その原因となるのが、加齢によって女性ホルモンのエストロゲンが減少するからなんです。

エストロゲンの髪への働きは?

エストロゲンがどうして髪に良いのかといいますと、エストロゲンには毛の成長期を持続させて成長期にある毛を増やす働きがあるからです。髪の成長と維持にとても大切なんです。

エストロゲンの分泌は30歳前後がピークで、その後減少の一途になってしまいます。閉経後など加齢による影響で、髪の成長になくてはならないエストロゲンの減少が、女性の薄毛を助長してしまうのです。

大豆イソフラボンにはエストロゲン同様の働きが

更年期になって、エストロゲンがどんどん減っていってしまうことに嘆いてばかりいても仕方がありませんね。要は、エストロゲンに代わりになるものを摂ればいいのです。それが大豆イソフラボン。女性のほとんどがよく知っている女性のつよ~い味方です。

ご存知の様に、大豆イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする事が確認されています。 名前の通り、大豆イソフラボンは大豆の胚芽に多く含まれていて、ポリフェノールの仲間であるフラボノイドの一種です。

大豆製品に多く含まれているので、毎日の食事に積極的に取り入れていくといいでしょう。でも、毎日三食お豆腐や納豆ばかり食べるわけにもいきませんね。

また、これまで足りていなかったエストロゲンですから、しばらくはちょっと多めに大豆イソフラボンを摂るのは、薄毛対策に効果的な方法です。その為に、食事からだけではなくサプリメントを活用するのが手堅い方法です。

しっかりと摂取するにはサプリメントを活用

大豆イソフラボンの入ったサプリメントはいろいろありますが、注意点が一つあります。それは、大豆イソフラボンを摂ってもそれをエストロゲンに似た働きに変えることのできる人とできない人がいる、という点です。

大豆イソフラボンがエストロゲン同様の働きをする為にはエクオールという物質に変わる必要があるのですが、エクオールに変えることができるのは、日本人女性の場合二人に一人だというのですから、驚きです。 これまで、大豆製品さえ食べればオッケーって思って食べていたのに、全然効果のない人が半分もいたなんて、すごいショックですよね。

 

上の絵の様に、腸内に入ったダイゼインをエクオールに変える酵素を持った人が二人に一人という事です。自分のおなかにエクオール産生菌があるかどうか、誰もわかりません。それを検査する方法もあるようなんですが、ちょっと大変です。

それなら、最初からエクオールの入ったサプリメントを摂った方がいいかも知れませんね。

コメント